ダイレクトメール受信で得られる情報

気付くと家のポストにダイレクトメールが入っていた、という経験は誰しもあることでしょう。中には疎ましく思い捨ててしまうという方も珍しくないでしょう。しかしただ捨ててしまうには勿体無いのがダイレクトメールというものなのです。そもそもダイレクトメール(DM)とは何かと言うと、顧客の元に直接届く郵便型の販促広告のことです。電子メールで送信されるものも広義的にDMと呼ぶことがありますが、本来の意味のこちらになります。Eメールなどと比べるとDMは印刷料や送料などの面でコストが嵩みます。つまり企業側にとっては諸刃の剣とも言える広告戦略なのですが、逆に言えばDMの内容はコストを掛けてでも知らせたい情報ということです。つまりダイレクトメールで届いた情報は価値の高い情報と言えるのです。そんな価値の高い情報を利用して、日々をお得に過ごしましょう。

ダイレクトメールの割引券やサンプルを上手に活用

ダイレクトメールの形態はハガキやレターなどさまざまです。ハガキは一見して情報が分かりやすいというメリットが、レターにはチラシやカタログなど、たくさんの情報を一度に受け取れるというメリットがあります。一般的なDMの内容としては、新商品の紹介やセール、キャンペーンの案内などですが、中には割引券やサンプル商品などが付いているものも存在します。レタータイプのDMには物品が同梱出来ますので、化粧品のサンプル品などを受け取ったことのある女性は多いことでしょう。化粧品や石鹸などは人によって使用感が大きく異なる商品であり、実際に使ってみなければ自分に合うかどうか分かりません。その機会を提供してもらえるのであれば、是非とも積極的に利用していくべきでしょう。これはEメールでは真似出来ない利点でもあります。レタータイプのDMは捨てる前に開封して使えるものがあるかどうか確かめてみましょう。

ダイレクトメールのお得情報を見逃さないためのコツとは

ある調査では、DMでの表記の内、最も消費者の興味を引くものは「○○円引き」というタイプの割引券であるという結果が出ています。一方、同じ割引率であっても「○○%オフ」という表記ではあまり購買欲をそそられないという意外な調査結果もあるのです。お得に買い物をしたいと考えているのなら、今後は「○○%オフ」の割引クーポンに注目してみるといいでしょう。他にも「○○円相当のポイント」「○○円分のクーポン」など、気付かないうちに見過ごしている情報がある可能性もあります。また、DMを受け取った人の行動で最も多いのは、インターネットで当該の情報や企業について検索することだという調査結果も出ています。こうした調査結果を踏まえ、企業側もインターネットでの広告にも力を入れるようになっています。ダイレクトメールとインターネット、複数のメディアを併用することでより情報を精査し、取捨選択することが可能になるでしょう。